>

ツールを決めて、バックアップを

書き続けることでわかる

私たちは日々日記を書くことで、形や言葉にならない気持ち、心の中のイメージを文字にしようとしています。
そんな作業の中で、自然と自分自身と向かい合える時間が生まれています。

自分の思いを綴っていく度に、自分がやりたいと本気で思えることや、目標を達成するためにやるべきこと、自分の良いところや悪いところ、自分の強みなどをよく知ることができます。
このために何をしていけばいいのか、何をしなければならないのか、日記を書くことでしっかり認識することができるようになります。

ただ何気なく過ごす毎日にピリオドを打ちたいときは、日記を使って自分の気持ちを確かめてみましょう。
その思わぬ発見が自分の今の生活を変えるきっかけになる可能性があります。

対話能力の向上に一役買う

自分の思いや考えを相手にしっかり伝えるためにはどうしたらよいでしょうか。

実はただ書いているだけの日記も、自分の思いや考えを具体的に言葉にするという作業が生まれています。
そのときの気分や感じたことを言葉や文章にすると、自分の思っていることや考えを相手にきちんと伝えることができるのです。

仕事上でも、伝言やメモで残したものが双方の勘違いでミスにつながるということはよくあることです。
話すことが苦手で、自分の思いを相手に伝えられず切ない思いをすることもあります。
それらも日々日記を書くことで助けとなります。

自分の思いや気持ち、頭の中にあるイメージを言葉にする訓練ができるので、結果としてコミュニケーション能力の向上につながるようです。


この記事をシェアする